座敷わらしさん大好きブログ

座敷わらしさん大好き昭和生まれママです。母は占い師。不思議体験やパワースポット、開運スピリチュアルにまつわるあれこれをナビしていくブログです。

熊と仲良くなって御墓参りに行きたい

こんばんは!

今夜は熊と人との関係について書いてゆきます。

 

京丹後与謝野町には私の祖父のお墓があるのですが、もうかれこれ4年近くお墓参りには行くことが出来ておりません。

 

f:id:zensetoraise:20200128151916j:image

理由はというと、

登山口に鉄条網が備えられてしまったからです

この扉も南京錠がかかってまして、中に入ることは出来ず…

お墓の移設も出来ない状態なのです。

そもそもどうして熊さんが出るような山奥にお墓を建てたのか??と疑問にも感じますが、代々この山奥にお墓を建てられてきたのですね
f:id:zensetoraise:20200128151901j:image

(近寄るなって言われても…、そこにはお墓があるんだけど)

実はこの辺り、かなり深刻な熊の出没エリアとなっているのです。

熊の出没なんて自分とは関係ないものでどこか遠い地域の問題のように捉えていたのですが、まさかこんなにも身近にある問題だったとは
f:id:zensetoraise:20200128151909j:image 

f:id:zensetoraise:20200131225040j:image

このような状況で、熊から逃げるようにただ避けて生活していくだけで問題は解決しないもののような気がしました。

もうすでに人間の生活圏内に踏み入っているので熊の行動範囲が徐々に拡大していっているわけですよね。

このような状況を思うと、どうにか人間と熊が仲良くなることは出来ないものか…

そんなことを考えてしまう今日この頃です。

 

本来凶暴性は極めて低いと言われている熊

ロシアやアメリカなどでも熊を飼い慣らして生活している人が時々テレビに出ているのを目にしますね。

ネットで調べてみると、熊と仲良くなりたい人は意外と多いみたいでYahoo!知恵袋などでも熊と仲良くなる方法について質問しているところを見つけたりもしました。

私が思うのは、飼い慣らしたり生活を共にしたいというものではなく、お互いに敵意がないことを確認できればいいのにという願望なのです。

 

そんな中、非常に興味深い記事を見つけました↓

www.gizmodo.jp

こちらの文章によると、熊と人間が友達になることはほぼ不可能とのことで、熊には友情という概念がなく本能に従って生きているので人間が熊に友情を理解してもらうのは無理であるという…

たとえ人間の生活圏内に立ち入ることを許してしまい、誰かが熊に餌付けして交流したとしても、やはり危険とみなされてしまえば殺処分される可能性があるでしょう。

仮に熊に凶暴性が全くなくて本当にくまのプーさんに出てくるような可愛い熊さんだった場合、クマは人間の”ペット”とされてしまい野生として生きてゆけなくなってしまうのでしょう

そこに思いやりや信頼関係が築けたらいいのですが、ペットにすることが”仲良くなる”ということではないのだと、こちらの記事を読んで思いました。

 

一番良いのは熊が人間の生活圏内に入らなくとも食料が確保できる環境にいることなのですが…

それでも遭遇した場合、敵意がないことを誠心誠意を持って伝えられたらいいのにと思うのです。

どうにかならないものでしょうか…

 

熊と人、お互い別々の生活圏を守りながら共存してゆきたいもの

 (本当は好きなだけ美味しいものを食べさせてあげて手を繋いだり一緒に焚き火を眺めながら音楽を聴いたりして仲良くしたいですけどね!!)

 

野生動物と人間との関わりは本当に難しい問題です

すみません、オチのない文章で

この問題について、何か進展がありましたら更新したいと思います

おやすみさない(^ ^)